青少年音楽プロジェクト・福島『絆』コンサート / マリア・テレージア生誕300周年”での鯉のぼり展示 2017年10月14日

*「絆」プロジェクト:2011年より結成され、これまでに多くのコンサートを開催し、音楽を通して2011の東日本大震災被災地へ支援活動をされています。

 震災後年経った今もこの事実を風化させず、これからもウィーンから未来を担う青少年を応援し続ける為に「絆」プロジェクトは、年後2019年の日本・オーストリア友好150周年、及び東日本大震災10年に当たる2021年に向けて、福島から青少年の音楽家をウィーンに招聘し、演奏会や文化交流を通して音楽の都・ウィーンでの支援を目標に活動されています。先日、1014日に「福島 青少年音楽プロジェクト 絆コンサート」を開催される事になり、日本人学校の生徒さん達に描いてもらった希望、応援の念を込められた鯉のぼりを開場玄関に飾らせて頂きました。

 

当日は15歳最年少ピアニスト•児島響君、ウィーン交響楽団ソロチェリストとして演奏されていた吉井健太郎さんと福島出身でピアニスト、またこの絆の企画者コーイェダー・酒井ゆかりさんの演奏、また「絆」合唱団•ウィーン、そして女帝マリアテレジアが愛した、ドイツマイスター・k.u.k・ウィーンレギメンツカペレIR4の方々の演奏がありました。「絆」合唱団で歌われた〝群青〟と言う曲は、震災後、不安や友だちを失った心の痛みから音楽の授業で歌を歌えなくなった福島県相馬市小高区の小中高学生の生徒さん達が、亡くなった、そして疎遠になってしまった仲間を思い会話や日記、そして作文などを書き、それを同校音楽教論の小田美樹さんにより歌詞、そして曲付けをされたものでした。復興支援のために出演して下さった音楽家の方々のすてきな演奏で、心温まるすてきなコンサートでした。

 

シリア難民の子供達との鯉のぼりワークショップ/ハタイ県 inトルコ  2017年7月15日〜23

 2014年からアラブ婦人の会・ウィーンの方々とトルコ南部にあたるハタイ県での、シリア難民支援の一環で鯉のぼりプロジェクトを行っています。昨年、今回と、渡航情勢が悪くなり、ウィーンに住んでいるシリア難民の方々はビザをもらえず一緒に行けない形になっています。そんな中、ビザをもらえる私たち小グループでの活動になりました。

ウィーンから持っていった鯉のぼりを掲揚し、皆どんな中でもたくましく生きていきたいね!と、鯉のぼりを描いてもらったり、お遊戯やお絵描きなどの機会がほとんどない子供達に、3日間、アンタキア市にあるサッカー練習場、また2時間ほど離れた町に住む難民の方々と、その地域の集会場をお借りしてワークショップを楽しんでもらいました。カポエラと言うブラジルの格闘技ダンスで、体の鍛え方、そして他人との距離感をどう保つか、などのスポーツワークショップもありました。他にも人形劇、顔ペインティング、歯の磨き方、写真をとってみよう!などがあり、子供達もとても楽しんでいました。

PDFデータ:絆/トルコハタイ県での鯉のぼりワークショップ報告書

鯉のぼり報告2017/11

 

 

 

ミュラーさんありがとう鯉のぼりワークショップ!

13322006_703183999784126_1693523931501023710_n

いつも鯉のぼりのための布援助をして下さっている布屋さんTextil Müller でのありがとう鯉のぼりワークショップです!!

2016年6月4日日曜日 14時〜

Franz Jozef 駅または Spittelau駅からでている Sバーン40で Kritzendorf で下りるとホームの階段反対側に渡ってすぐです!いろんな布や小物も買えるところで、お店にもぜひよっていって下さい!!

グッギング 美術館での鯉のぼりワークショップ

5 月21、22日に行われるインターナショナルミュージアムデーに鯉のぼりワークショップをグッギング美術館にて行わせて頂きます!会場ではグッギング所属 の詩人 エルンスト ヘルベック氏の作品展と 〝アート brut – 日本 スイス〟展もご覧になれます。すてきなビュッフェも用意されています!!

プログラム:

5月21日土曜日 特別会場見学

  • ・10時半から12時半 キュレーター ギゼラ シュタインレヒナー氏による 〝エルンスト ヘルベック展〟案内
  • ・14時半から16時 グッギングー文化の丘(美術館ビラ/アーティストハウス) 春の散歩

5月22日日曜日 日本のユニバース

  • 10時半から12時半 鯉のぼりワークショップ 申し込み必須maria.parucki@gugging.at
  • ・14時 歌手安藤るりさんによる日本民謡、童謡でのコンサート

Anmeldung an: maria.parucki@gugging.at

ウィーン日本人学校での鯉のぼりワークショップ

4月29日金曜日、ウィーンにある小中学校が一緒になっている日本人学校での鯉のぼりワークショップを行わせて頂きました!!

当 日とても天気もよく全校生徒さんに参加してもらえることができ、校舎内にはオリジナルの鯉のぼりも飾られていて、一緒にウィーンの子供達やシリア難民の子 達が描いてくれた鯉のぼりも説明し、それぞれが思う応援の気持ちを大きなこの鯉のぼりに描いて頂きました。低学年の子達のたのもしい想像力や自分だったら 元気の出る物、など描いてもらったり、高学年や中学生の子供達はどんな物が希望に、応援になるか、ととても色々考えて制作に向かっている姿をみせて頂きま した。こんな子供達の素直な気持ちって嬉しくてとてもありがたいですね。

終了後もなんとすばらしくしつけられているのか、片付けも高学年を中心にそれぞれの形で全校生徒さんで手伝ってくれました。先生方のご指導や子供達に圧巻のたのもしい晴れ晴れとしたワークショップでした。有難うございます!!!